お金持ちの人とそうでない人の行動の違い

2015年07月13日 16時31分

お金持ちの人とそうでない人の行動が違うのは当たり前なのか、そうではないのか、意見が分かれるところです。

今自分がお金持ちではないと考えている方、お金持ちになりたいですか?まあ、愚問ですよね。そりゃお金たくさん欲しいですよね。
でもどうすればいいんだ?と。

ここでお金持ちの人の行動がヒントになってくるかもしれませんので、ちょっと聞いてください。
 

お金持ちの人、年収1200万円以上としましょう。
そうでない人は年収400万円以下と考えます。
800万円もの年収差は埋めがたいですね。
400万円の人の3倍、つまり3人分です。


そうすればこんなに稼げるようになるんでしょね。うらやましい限りですね。

が、ただ実際は税金で持って行かれるんで、年収1200万円でも手取り800万円くらいになっちゃうので、ザマアです(笑)。
まあ、妬みはいいとして。

お金持ちの人ととそうでない人の行動で、特徴的なのはつぎの2つ。
まず月に1万円以上雑誌や書籍に使っているかどうか。
これはお金持ちの人が圧倒的に多いです。

収入が多いんだから当たり前だろうと思うかもしれませんが、そうとも言い切れません。
1万円くらいであれば400万円以下の人も出せない金額ではありません。

お金持ちの人が行っているのはいわゆる自分への投資です。
新しい情報を手に入れ、自分の仕事や生き方に生かすこと。
少しお金をかけるだけで新しい刺激が得られれば、1万円は彼らにとって安いものなのです。

俺だって1万円毎月雑誌や書籍に掛けてるよ!漫画とかだけど…。
それが自分への投資、つまり将来漫画家になるための勉強とか、そういったことにつながるのなら良いことかもしれませんが…。

あともう一つ、決定的に違うのはつねに頭をクリアに働かせるための準備をしていることです。

その元となる行動は、身体を鍛えているか、そうでないかです。
年収1200万円以上の人は400万円の人たちに比べ、相当身体を鍛えています。
身体を鍛えるというのは、筋トレをしてマッチョを目指すとかいう意味ではありません。

自分の身体にあった運動を習慣化しているか否か、その時間を確保しているかどうかが問題です。

身体が健康なら、仕事においてもプライベートにおいても忍耐力、判断力、思考力、記憶力、行動力、持久力を発揮することができ、
自分に降りかかる状況を常に優位にコントロールできます。

自分への投資と健康な身体作りで、めざせ!お金持ち。